カードローンは今、大変ポピュラーになり、誰でも簡単に利用が出来るようになりました。カードローンと一言で言っても、沢山の種類があるのはみなさんご存知でしょうか。銀行、消費者金融、クレジットカード、信販と様々です。このように様々な種類があるという事は、審査の基準もそれぞれ違いがあるに決まっています。それぞれについてここではお話したいと思います。


審査の厳しさはそれぞれ違う

一概には言えませんが、銀行のカードローンが一番審査に厳しいと言えるでしょう。それはなぜかというと、まずは総量規制の制限が無く、借入額を制限されないことにあるでしょう。消費者金融やクレジットカードは総量規制があり、収入の3分の1までの借り入れまでと制限がされています。その制限がかからない銀行は、慎重に審査を行わなければなりません。また、銀行は沢山のお客様がカードローンを希望してきます。その中から優良なお客様を選ぶためにも審査を厳しくするのです。その他の、消費者金融やクレジットカード等はそこまで基準に違いはないでしょう。銀行でカードローンを組めなかった人が次に申し込むのはこれらの会社なので、銀行よりも審査が緩いのは間違いないです。銀行に勝つ為にこれらの会社は競っているわけですから審査を厳しくするわけにはいかないのです。このように基準はそれぞれですので、しっかりと確認してから申し込みをするようにしましょう。